〖みんな農園~第14弾 追い求めろ、お芋とメロン!~〗

岩手県大槌町では、2019年に発生した台風19号で被災を受けた山田町船越地区で住民さんと共にコミュニティ農園を開園し作業しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回のブログでお伝えしたかわいい命の親鳥に行動を監視され「ピーピー!」と文句を言われながらも毎日汗だくで農園作業に勤しんでいる農園隊長・村上です。

前回お伝えした朝市開催から日をあけずに、すぐさま夏野菜の準備に取り掛かりました。

慣れない耕運機のドライビングも、もう”お手の物”のお父さん。何度も往復して耕してもらいふかふわの土に戻し問題の畝作りへ。今回はスタッフがメインで作ってみることになりましたが、いざ作ってみると曲がるは踏むはで大小バラバラの個性豊かな畝に。しまいには「腕が疲れた」と弱音を吐く始末で、なかなか進まなかったのですが、お母さんたちにお尻を叩かれながら20本もの畝を無事に作り終えました!

そして次なる作物は…去年みなさんからたくさんご要望があったお盆用の花を植えます。その他カラートマトやサツマイモなど全部で9種類の苗を植えました。

なかでも今年、みんな農園でのイチオシ作物はプリンスメロン!地域では昔メロンと呼ばれお盆の際にはよく目にします。

そんな親しみのあるメロンですが「メロンを植えます!」と宣言するとみなさん「えっ…」と反応。どうやらスイカはほとんどの方が作ったことはあるようですが、メロンは挑戦したことがない様子。みなさんからたくさんのご意見がありましたが、何事もチャレンジ!

今までも、みなさんの知恵と工夫で立派な野菜ができたのでメロンもドンと来い!と思っている私は、楽しみで楽しみで毎日がワクワク。

今年の夏はお天気だけでなく農園も熱くなりそうな予感♪

これからも収穫までの様子や地域のみなさんとの漫才をお伝えしていきます。

(村上)

卵を見つけてから5日ほどでヒナになっていました。

私たちには何度も覗くなと注意するみなさんも、農園に来るたび覗いて行かれます。

更新情報を受ける

Pocket