急ぐ冬支度@大船渡

 

大船渡市内の仮設住宅の一室を先月からお借りし、
私たちが運営する「大船渡アクションネットワーク」の
事務局を置いています。
今日はこちらの仮設の皆様の冬支度のお手伝いとして
冬物衣料と毛布の配布会、そしてコーヒー&ケーキを用意して
「お茶っこ会」を催しました。
全住民の約3分の2ほどの皆さんが集まってくださり
日の暮れるまで賑やかなよもやま話に花が咲きました。
コーヒーの他にも、
今日は地元大船渡で震災直後から一貫して炊き出しと配食活動を続けてきた
さんさんの会」が豚汁の炊き出しで応援に来てくれました。
談話室で配布会を開催。
不定期で開催される市の物資配布会では
指定の会場に市民が殺到。寒い中数時間待っても
混乱の中で持って帰れたのはカップラーメンだけ、などということもあるそうです。
今回は整理券を配り、時間を区切ってゆっくりと洋服を見て選んでいただきました。
また、受付では毛布の希望を伺い、必要な枚数をお宅まで届けました。
世帯人数に限らず一世帯に一枚という配布も過去にはあったそうです。
ここ最近、朝晩はすでに0℃近くまで冷え込んでいます。
底冷えする仮設の床に敷いたり、こたつの掛布団に重ねたり、
必要となるはずです。
十分な冬支度ができていない世帯は市内にも多数あるはず
寒い冬に震える人が出ないように
冬物物資の支援を続けていきます。

更新情報を受ける

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください