復興と風評被害のジレンマ

今週、仙台駅の物産ブースにて東北のお酒や特産物の販売が行われていました。東北地方は、米の生産地でもあることから日本酒の酒蔵が非常に多く、地域を代表する産物として全国さらには海外に向けても取引されています。
そんな東北の食べ物やお酒ですが、この度の津波被害と原発事故の影響による風評被害が高まり、買い控えに悩まされているとの様子を耳にします。
もちろん放射能の検査は必要ですが、正しい知識の把握と共に、長く被災エリアを応援できるような現地経済を支える姿勢を広めていかなくてはならないと感じる毎日です。

更新情報を受ける

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください