物資支援の必要性

 10月後半から、冬に向けた物資の配布会を多くの場所で開催しています。東北の厳しい冬に向けて、みなさんから集めた防寒着をラックに並べ、バザー形式で被災者のみなさまにお配りしています。

先日あるファッション関係の企業から提供いただいた傘を配布会に並べたところ、大盛況でみなさんが手に取って行きました。「モノはもう提供する必要がないだろう」という声も聞かれますが、生活用品などでは震災以降提供された物資の偏りもみられます。より良い生活が一日でも早く過ごせるよう、我々は支援を続けて行きます。

更新情報を受ける

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください