災害にもウイルスにも負けない地域のチカラ

岩手県大槌事務所では、2019年台風19号による大きな被害を受けた山田町船越地区のみなさんをはじめとする、有志のみなさんとともに布マスクづくりを行っています。

山田町、大槌町を合わせると15名の仲間が、わたしたちの思いに賛同し、布マスクづくりに協力してくださっています。

長雨が続き、ひさびさの快晴となった4月24日。山田町船越地区にある日台きずな保育園の園児12名に手づくりマスクをお届けしました。

この日はお誕生会が催されており、ささやかだけど大きな愛で作られた布マスクをプレゼントすることができました。

新型コロナウイルスの見えない影に恐怖を感じている日常のなか、小さな手でマスクを受け取る子どもたちの晴れやかな笑顔に、わたしたちも心和み温かな気持ちになりました。

今後も大槌事務所では、地域と地域をつなぐ接着剤のような役割として、見えない敵にも負けない地域力を育んでいきます。

Pocket