蛤浜レポート

8月26日快晴!

蛤浜の亀山さんに今年の牡蠣の生育状況を見学させていただきました。

浜に到着すると平塚さんが太いロープに印を結んでいました。
来年用の牡蠣棚に使用するロープに種牡蠣を等間隔で吊るせるように印を付け来年の準備をしているそうです。
この時期は養殖中の牡蠣からの種付けも終わりひと段落つくそうです。

 

さて、今日は亀山さんの船に乗せてもらいます。

 

風もなく穏やかな海、亀山さんの牡蠣棚に到着しました。
先ず、2年たった牡蠣の棚へ。海から引き揚げた牡蠣、身はふっくらとして確実に成長しています。
秋から冬にかけてさらに成長し美味しくなっていくんですね!^^

 

これからの台風シーズンに牡蠣は卵を放卵するそうです。
そのあと牡蠣は一段とおいしく成長します。

手前:卵がある状態 奥:放卵した牡蠣

次に、今年種を付けた1年物の牡蠣を見せてもらいました。
種付けをして数ヶ月しか経っていない牡蠣ですが一個一個確実に成長しているんですね、将来が楽しみです。
1年物、2年物、両方の牡蠣殻にはムール貝などの付着物が少なく大変綺麗な状態でした。
こうやって、ほっぺたが落ちるくらい美味しい「笑える牡蠣」が育っているんですねー^^

 

見学後、心地よい潮風と少し船酔いしながら一路帰港しました。
滅多にない養殖牡蠣の見学会となりました、お忙しい中をありがとうございました!

【 記事:石巻・小野寺 】

更新情報を受ける

Pocket