『ひまわりプロジェクト』最終報告 ―大船渡―

共生地域創造財団では各事業所ごとに「ひまわりプロジェクト」に参加しています。

厳しい暑さが続いておりましたが、お盆期間に入ると雨や曇りがちなぐずついたお天気に一転。
あの暑さはいったいどこへ?と思う程、暑さを通り越して肌寒さを感じるまでに。

そんな中、8月12日には県内における新型コロナウイルス感染拡大に歯止めをかけるため
県独自の「岩手緊急事態宣言」が発令されました。

絶好の収穫日和を見はからいながら、
一人でも多くの方々と一緒にひまわりの種の収穫をできる事を楽しみにしておりましたが、
残念ながらこの状況下にあるため今年は財団スタッフだけで収穫する事にしました。

晴天の日に刈り取りしないとカビが・・・

8月20日………収穫………🌻

まずはひまわりの頭の刈り取りをし、残ったひまわりの幹は根元から引き抜いて
畑はお借りした元の状態のように綺麗にしてお返しします。

 

 

回収したひまわりの種はばらばらにほぐして、
乾燥が不十分だとすぐにカビてしまうので天候に配慮しながら天日干ししました。

天日干しすること数日間

ひまわりの種を採る時には、種だけではなく種子や未熟粒も混ざってしまうので選別を行いました。

未成熟の種やゴミとりをしたら

ご覧のとおり♡

乾燥したきれいな種の出来上がり!

今年の収穫時期はいつもの年より早めです。天候不順が続き、カビたりしないかとやきもきしました。
畳10畳ほどの小さい畑だったので収量は5㎏ほどしかありませんが、
種の出来栄えはいつもの年より立派にできたとスタッフの間では自画自賛のムードが(笑)

これから福島のシャロームさんに送りたいと思います(´▽`*)ノ

 

【大船渡 村上あゆ美】

 

更新情報を受ける

Pocket