みんな農園~第8弾~大漁旗をあげよ!大収穫祭!編

岩手県大槌事務所では、2019に発生した台風19号で被災を受けた山田町船越田の浜地区で住民さんと共にコミュニティ農園を開園し作業しています。

 

前回のブログで小屋の完成をお伝えしましたが、新年最初の農園ブログは大盛況で終わった収穫祭の様子や準備段階の様子をお伝えします。

寒い冬がすぐそこまで追いかけてきた11月。当日はあいにくの天気ではありましたが、収穫祭にはなんと20名の方が大集結し賑やかな収穫祭となりました。

コロナ感染予防のため屋外で調理を行い、農園で採れたたくさんの野菜はチヂミやおでんなどのアツアツのおいしい料理に大変身♪

そして旬のイカや手作りおやつのお振舞いもあり、お皿いっぱいに豪華な料理が盛られました。

新鮮なイカのお振舞いをしてくれた方は「みんなさ食べさせったくて」とハニカミながら前日に船を走らせ釣りに行かれたとのこと。

鍋いっぱいに作ったおでんも完食し、みなさんからは「久しぶりに手作りのもの食べた」「こういうのん(集まり)が、おもっせぇがな」との声を聞くことができました。

 

  

災害から1年。出会った頃とは違い、開催に向けて準備や手配などをみなさんが中心となり整えてくれました。

ガスコンロの手配や雨天時のテント設置、自ら調味料や調理器具を持参し料理の下準備をしてくれた方など、

そこに住む人どうしで声をかけあい収穫祭を迎えることができました。

地域のみなさんの親睦も一層深まった収穫祭。

今年はもっとパワーアップした企画を考えております。

ふきのとうがかおを出した頃、お会いできることを楽しみにしていてくださいね!

 

(村上)

 

更新情報を受ける

Pocket