〖みんなの農園~第3弾 収穫と作戦会議!~〗

岩手県大槌事務所では、2019年に発生した台風19号で被害を受けた山田町船越田の浜地区で住民さんとコミュニティ農園を開園し作業しています。

前回たくさん収穫できることを願い、苗を植えた様子をお伝えしました。今回は8月中旬に行った収穫の様子をお伝えします。

この日、収穫に集まったのは5名の地域のみなさん。

実はみんな、野菜の成長を心配していたのです。

苗付け時期が遅かったこと、晴れ間が少なかったこともありますが、一番の心配は野菜の水やり。

ポリタンクに水を入れ農園に設置しましたが、住民のみなさんとじっくり水やりについて決めることができなかった為、土は水分がなくパサパサ。葉は虫に食べられ穴あきの状態でした。

農園に行くとやはりうまく成長できず残念な結果になってしまった野菜が多かったのです。

収穫作業中、「やっぱりちゃんと畑を耕したほうがいいんだよな~」という声がありました。

作業をしながらじっくりみなさんと話し合いをすることになり、「管理もしやすいし、野菜も成長しやすい」「大きな畑になれば通るたびに野菜の様子が目に入り世話もしたくなる」との声も。

「よ~し、じゃあやりますか!!」

突然の次回農園の作戦会議。

冬野菜の苗植えまでにあまり日がないですが、本格的な畑づくりに向けて早急に進めていきます!

 

ミニトマトはパンパンに膨らみ真っ赤に実をつけているではありませんか!
みんなで喜び合い自然とそれぞれのお口の中に…

とってもあまいトマトに驚きと感動! 「植え方が上手だったがらだ~」「指導がよがったんだなぁ」など、みなさん褒め合い合戦

更新情報を受ける

Pocket