お米の寄贈

 茨城の農家さんから新米を寄贈いただきました。

その量、仙台の他団体と合わせて約6t。 
以前、被災地を訪れた際に同じ農家として、
その被害の甚大さを肌で感じられ、
自分にできることを模索されたとのことです。
「米農家ができることは、米を送ること」
今年の利益のすべてを支援として、新米で提供することを決めたそうです。
「自分の農地があのような状態になることは想像できない。
農家は自分で作った米と野菜を食べているから、
いままで買ったことなどないだろう。
少しでも役立ってもらえればありがたい。」
玄米でいただいたので、
提供する際は、できるだけ精米したてをお届けし、
新米の香りを堪能いただければと思います。

更新情報を受ける

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください