〖みんな農園~第13弾 豊作につき朝市開催!~〗

岩手県大槌事務所では、2019年に発生した台風19号で被災を受けた山田町船越地区で住民さんと共にコミュニティ農園を開園し作業しています。

ますます暖かくなり草木の新緑に負けないくらい農園の野菜が色濃くなりました。

収穫タイミングが迫ってきた5月下旬、以前から船越地区の方々から「野菜ができたら売ってほしい」と言う声がたくさん上がっていたこともあり、朝市を開催することにしました!

ネーミングの通り、ここは「みんなで作る農園」です。

値段設定から売り上げの使い道までみんなで話し合い、野菜の収穫や会場設営もみなさんで準備しました。

“グリーンハートやまだ”の藤原さんにもご協力いただき、朝露が光る真っ赤な朝どりトマトや色鮮やかな花たちが色を添えてくれました。

小松菜とホウレンソウの緑色が鮮やかです レタスやブロッコリーも豊作!

朝市開催はチラシ配布段階から盛り上がりを見せており、たくさんの方々に「待ってだった~楽しみにしてんがぇ」「100円玉いっぺぇ用意しとくから」と声をかけられます。

今まで地区のお祭り以外やったことがないから楽しみ!と話される方もいて、こちらのテンションも期待もMAX!

当日はスタッフ到着前からすでに数名の方が来園されており、開催30分前には大勢の人が列をなして並んでいる状態でした。予想以上の集まりにお父さんお母さん達も売り子になり盛りあがりも最高潮!

なかにはあまりの賑わいに、みなさんの会計が落ち着くまで押し車に腰掛け自身の会計の番を笑顔で待っている男性もいて、3度開催した朝市は若い方からご年配の方まで足を運んでくださり大盛況に終わりました。

昨年の夏から住民のみなさんを中心に地道に進めてきたおかげで、「次はいつやるの!?」「毎月やってほしい!」という声や「作業には来られないけど、朝市ではいっぱい買ってぐっけ!」という声が聞くことができました。開催時は誰が売り子で誰がお客さんかも分からなくなるくらいテンヤワンヤのドタバタでしたが、素人だからこそそれもまた楽しく盛り上がったのではないかと感じます。

さーて、次はお盆の朝市に向けてまた頑張るぞ~!

私たちの小屋に小さな命が誕生しました。いつも元気なみなさんも、いつもの10分の7の声で「めんけぇ⤴(かわいい)」と優しく囁きます。4つのかわいい命の様子も、またブログでお知らせします!

 

 

更新情報を受ける

Pocket