手作り布マスクを船越小学校へ!

岩手県大槌事務所では、2019年台風19号に被害を受けた山田町船越地区の田の浜婦人部の皆さんで手作りの布マスクづくりに取り組んでいます。

その手作りの布マスクが完成し、5月14日に山田町船越小学校児童96名に田の浜婦人部長とお届けしました。

手作り布マスクを船越小学校へお届けしました!

田の浜婦人部では、「船越小学校の子どもたちがコロナに負けないよう、地域共に頑張っていこうと気持ちを込めて作製しました。」と手作りマスクを手渡すと校長先生は、「子どもたちが安全安心して学校生活を送ることが出来るのは、地域の方々のお力とご協力があってこそ。子供たちに対する思いを受け止め感謝したい。新型コロナ感染予防関係で地域の方々との交流の機会もなくなってしまっていることが残念」と話していていました。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策で制限されることが多い日常生活の中、船越小学校の児童は手作りマスクの温かさに触れ、また元気に登校する姿は、さらに地域全体の力となると感じています。

Pocket