公益財団法人 共生地域創造財団

大船渡事務所

2018/09/06

平成30年北海道胆振東部地震に寄せて

8月6日未明に起きた北海道地震において被害に遭われた方々へ どんなにか不便な生活を強いられているかと思うと心が痛みます。 心よりお見舞い申し上げます。 ひと晩中つけっ放しのテレビの緊急地震速報のアラーム音に一瞬「3.11」が甦りギクリとしましたが テレビの画面➡ 続きを読む

2017/06/12

『共生地域創造財団』×『居場所ハウス』共同”パステルアート”サロン

大船渡市末崎町にある『居場所ハウス』と財団との共催でサロンを開催しました。 参加していただいたのは近隣住民のみなさん。その他、ハウスのスタッフの方々の参加もあり賑やかな雰囲気となりました。 今回、参加者が取り組むのはパステルアート。 パステルを粉にして手で➡ 続きを読む

2016/03/11

大船渡事務所の活動を紹介していただきました!

生活クラブの「生活と自治(2016年3月号)」の中で当財団が大船渡市からの委託事業 「被災者世帯等へのパーソナルサポート事業」の活動を紹介していただき、ありがとうございました! 8名のスタッフで活動しています、目指すべきところは全く紹介して頂いた通りなんですが➡ 続きを読む

2016/02/28

みんなでパステルアートを楽しみました。

九州の福岡から「たいようの虹」のみなさんがパステルアートを携えて大船渡を訪問してくださいました。 パステルアートとは、粉状にしたパステルを、指を使って描くアートのことです。上手・下手、経験のあるなし、年齢や性別に関係なく、誰が描いても笑顔になり、絵の苦手な➡ 続きを読む

2016/02/03

3.11ずっと忘れない気持ちを胸に

雪の朝の三陸鉄道南リアス線に乗り、JR釜石線を乗り継いで生活クラブ岩手(花巻市・なはんプラザで開催)の 「震災から5年 3生産者の皆さんと話そう会」に参加し生活クラブ岩手の組合員のみなさんと交流してきました。 生産者のみなさん(株式会社高橋徳治商店、株式会社➡ 続きを読む

2015/11/23

何年振りかのラジオ体操

岩手事務所から久しぶりの投稿です。 大船渡は秋晴れが続いていますが、冬の入り口に差し掛かっています。 岩手事務所では大船渡市から委託を受けて「被災世帯等へのパーソナルサポート事業」を進めています。 現在、街の復興と共に被災した方々も仮設住宅から自力再建、高台へ➡ 続きを読む

2015/08/24

岩手事務局から女川ゆめハウスを見学

財団で支援をしている女川の「ゆめハウス」を岩手事務局のメンバーが 見学に行きました。 建物は震災で津波の被害を受けました。 今でも2階のふすまに浸水時の跡が残っています。2階まで津波が来たんです! 当時は留守にしていて人的被害は免れましたが、大変な思いをされ➡ 続きを読む

2015/01/29

フードドライブ

フードバンクをご存知ですか? “フードバンク”とは 賞味期限内でまだ食べられるのに 印字ミスや箱の破損などで販売できない商品を 食品会社等から寄贈していただいたり、 生産者や市民から食糧を提供していただいたりして、 集めた食べ物を生活困窮者や児童・障がい者施設➡ 続きを読む

2014/12/01

大船渡市生活困窮者自立促進支援モデル事業 相談所開設のお知らせ

大船渡市生活困窮者自立促進支援モデル事業 相談所開設のお知らせ 当財団では大船渡市より委託を受け、 12月1日より 「困窮者自立促進支援モデル事業」を開始します。 合わせて新事業所を開設しました。 この事業は平成27年度の 「生活困窮者自立支援法」の施行に先が➡ 続きを読む

2014/11/25

パステルアートサロン開催

福岡県から、NPO法人たいようの虹の高木純子さんと、養護学校で美術の先生をしている澤山頼子さんを講師に迎え、パステルアートサロンを行いました。 パステルアートとは、パステル(クレヨンと似た絵具)を削って粉にして、それを指で広げて絵を描くという技法で、絵に苦手意➡ 続きを読む