ブログ

赤十字救急法基礎講習を受講しました11月15日「赤十字救急法基礎講習」に参加してきました
2014年11月15日 22:21

日々の訪問活動をおこなっていくなかで高齢者、持病をお抱えの方、
体の不自由な方など様々な境遇の方に対面させていただいております。
常に救急処置の必要な場面に直面する可能性があります。

緊急時にも適切な対応ができるよう勉強してきました。

内容としては

①赤十字救急法について(救急についての概論)
②手当ての基本(救急隊が到着するまでにとるべき基本的な処置)
③一次救命措置(心肺蘇生や、AEDを用いた除細動などの処置) というもの。


実際に参加者同士、患者と救急処置実施者の役を演じあい実技をおこないました。
気道の確保、体位変換、心肺蘇生、AEDを使っての除細動などを
実際におこなったことはありませんでした。

やってみると
●気道の確保、体位変換 → 簡単そうだが難しい、結構力が必要
●心肺蘇生 →呼気をうまく入れるのが難しい、胸骨圧迫は意外にも激しい運動で、1人で長時間は難しい(交代でおこなう)
●AED → ガイド音声があっても、意外に手順通りにできないなどなど意外なことだらけ......

今回実際にやっていなかったら、知識があっても役に立たないことを痛感しました。
緊急対応はないに越したことはありませんが、準備は必要ですね。

カテゴリー
月別メニュー
最近の記事