最初の一ヶ月は怒涛の一ヶ月!? 大槌事務所・新人Nの研修日誌

大きな期待と少しの不安を胸に、当財団・岩手県大槌事務所に8月より仲間入りしました中居です。大槌町に隣接する山田町からの40分の道のりを、某イケメン’sキッチンを聞き流しながら通勤するのが日課となっています。

仲間入り早々、業務を覚えることに必死なわたしを襲ったのは研修の嵐!!

 

8月10日、岩手県一関市において日本赤十字社医療センター秋山恵子先生を講師に招いたコミュニケーションスキルアップ研修会が行われました。

わたしたちが対人支援を行ううえで心掛けるべき事柄を教えていただきました。

また、改めて自分自身を振り返り知ることで、どのように自己表現し、どんなコミュニケーションができるのかを学び取ることができました。

 

8月22日、雨降る肌寒い花巻空港を出発し向かったのは快晴の福岡空港。

岩手県と福岡県の気温の温度差は10度以上もあり、翌日から始まる研修に「一体、何枚のハンカチが水没するのだろう・・・」と思いながら北九州市へ向かいます。

 

そんな猛暑の福岡県では、2日間にわたり当財団理事長・奥田が代表を務める「NPO法人 抱樸」の”ホームレス自立支援センター北九州”と”抱樸館北九州”の2か所を訪ねました。