佐賀県から被災地で似顔絵ボランティア その2

二日目の今日は、女川の「うみねこハウス」を訪問しました。

DSC07975.jpgのサムネイル画像

スタッフの方や、被災された方々の似顔絵を描いて貰います。DSC07978.jpg

ご夫婦で絵を描いて貰う機会なんて、なかなか有りませんから、

せっかくなのでモデルさん達に寄り添って頂きました。

DSC07991.jpg

お話も上手なので、モデルさん達も、にこやかな顔で書いて貰っています。

DSC08005.jpg

絵を描いていると、モデルさんが被災の時の事も少しずつ話してくれました。

津波で流されたのに助かった話や、家屋が全て流されてしまったことなど、

本当に辛かったと思います。

DSC07992.jpg

似顔絵で少しでも気持ちが安らぎますように。

DSC07997 ブラシあり.jpg

この後、井上さんは、被災地の状況を見に、大船渡市、名取市閖上、川内村、

南相馬市・・・・など、積極的に訪問され、一週間後に佐賀県へと戻られました。

実際に訪れ、目で見たことがとても良かったと言われました。

当財団は、被災地を実際に見てもらいたいと日程や訪問先などをサポートしています。

更新情報を受ける

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください